ウェブデザイナーの仕事③ワイヤーフレーム作り

ワイヤーフレームとは、Webページの設計図のこと

ワイヤーフレームWebページの設計図のことです。

サイトマップの構成がまとまったら、次はWebサイトに使う各Webページのレイアウトを考えていくのですが、その前段階としてワイヤーフレームを作っていきます。

ウェブデザイナーの仕事の中では一番難しいのではないでしょうか?

例えば、トップページ(index.html)のワイヤーフレームを作っていく上で入れておきたい要素は以下の8つです。
  1. メインビジュアル画像用のプレースホルダー(←型枠のこと)
  2. サイトのロゴ用のプレースホルダー
  3. 各コンテンツへの案内メニュー
  4. Webサイトタイトル
  5. Webサイト紹介文
  6. 画像を貼るためのプレースホルダー

トップページが終わったら、各種コンテンツページのワイヤーフレームを作っていきます。作り方については次のページをご覧ください。

NEXT ワイヤーフレーム作るには?

記事内容よかったらフォローお願いします。