TAG

ウェブデザイナー

    ウェブデザイナーという職業

    ウェブデザイナーとは、Webサイトを作ってほしいと依頼してきた人のためにその人に合ったWebサイトを提案し一緒に作っていく職業です。ウェブデザイナーの仕事の流れと気をつけないといけないことについて紹介しています。

      ウェブデザイナーの仕事①打ち合わせ

      ウェブデザイナーは自分のためにではなく依頼人の運営のためにWebサイトを一緒に作っていくことが仕事です。ですから、まずは依頼人とWebサイトの中身について相手の意思を尊重した上で話し合うことが最初の仕事です。

        ウェブデザイナーの仕事②サイトマップ作り

        Webサイトに載せる情報をある程度リストアップできたら、次はWebサイトの構成を考えていきます。Webサイトの構成で一番カンタンなブログを例にしてサイトマップ作りについて紹介しています。

          ウェブデザイナーの仕事③ワイヤーフレーム作り

          サイトマップの構成がまとまったら次は各Webページのレイアウトを考えていくのですが、その前段階としてワイヤーフレーム(設計図)を考えていきます。ワイヤーフレームに適したデザインツールとしてCacoo、AdobeXDなどがあります。

            ウェブデザイナーの仕事⑤コーディング→Web公開

            デザインツールでWebサイトのデザインを完成させたら、次はWeb公開用のテキストファイルを作っていきます。必要なテキストファイルも全て完成させたら、Web上に公開し最後に依頼人に結果を報告して仕事は完了です。